大塚食品

検索

サステナビリティ

大塚食品は企業理念のもと、事業を通じた社会課題の解決に取り組み、サステナブルな社会の実現を目指しています。

企業理念

食は心にはじまり「美味・安全・安心・健康」を創る

目指す姿

ナチュラルフードテックカンパニーとして進化し続け、人々に健康とその先にある喜びや幸せをもたらすことができる企業

サステナビリティミッション

大塚食品は、企業理念のもと、自らの持続的な成長と、健康でサステナブルな社会の実現を目指します。そのため、最適なガバナンス体制を土台として、社会と地球の健康に貢献する各活動目標の達成に取り組みます。

大塚食品の重要項目と主に関連するSDGs
(持続可能な開発目標)

重要事項 社会課題 自社の活動内容 対応するSDGs

健康

・満たされない医療・健康ニーズの存在

・感染症の蔓延

・栄養ニーズの存在

・高齢化に伴う課題の増加

・健康寿命の延伸に向けた健康を創る「食」の普及・啓発活動

・生活習慣病予防・重症化予防、高齢者のフレイル予防など食生活習慣改善の普及・啓発活動

人材

・プレゼンティーイズム(疾病就業)

・多様化への未対応

・人材育成(社員教育の充実)

・ダイバーシティー推進/イクボス宣言

・健康経営(禁煙運動他)

品質

・持続可能性を損なう消費・生産

・「消費者志向経営」の推進

・BCP(品質保証と安定供給)

・責任ある販促・情報提供(表示委員会の設置)


カーボンニュートラル
サーキュラーエコノミー
ウォーターニュートラル

・地球温暖化

・環境負荷の増大

・水リスクによる淡水の利用可能量減少

・省エネ化促進とクリーンエネルギーの利用

・使用包装材の環境配慮

・CO2フリー電力導入、使用水量、産業廃棄物の削減。

・各エリアでの清掃活動や釧路、滋賀、徳島での環境活動イベント参加

・フードロス対策

ガバナンス

・脆弱なガバナンス体制

・社会変化によって生じるリスク

・コンプライアンス担当の配置と教育研修を推進

※横にスクロールできます。