関連会社

大地の恵みを安全に食卓へ運びたい。 お客様の健康に貢献することが私たちの使命です。

人々の健康に対する関心が益々高まる現代、食品・飲料に最も求められるのは「安全」「安心」であり、このことは世界共通の認識となっています。
大塚グループは、商品や素材、中でも「農産物」の品質安全保証を実践する活動拠点として、大塚(上海)食品安全研究開発有限公司を上海に設立。
「人々の健康に貢献する」という新しいビジネスコンセプトを推進しています。

関連会社
大塚チルド食品株式会社 事業内容

大塚チルド食品は、チルド分野の「ダイズカンパニー」として、マーケットにはない新しい大豆のチルド製品を皆さまにお届けします。「スゴイダイズ」は、大豆をまるごと使った飲料です。独自の大豆加工技術をいかし、豆乳には含まれない「オカラ」の栄養も含め、大豆の栄養を余すことなくとれます。この「スゴイダイズ」をプラットフォームに、新鮮かつ自然なかたちで製品化し、さまざまな場面で皆さまの健康に貢献していきます。

上海大塚食品有限公司 事業内容

当社は、中国の消費者にカレー料理を定着することを目指し、ボンカレー醤(カレー調味料)、ボンカレーファイブ(カレーフレーク)及びレトルトカレーなどの簡便商品を販売しています。併設する大塚食品安全研究開発公司で原材料の検査を行うことにより「より安全で安心な」商品の提供をしています。

大塚(上海)食品安全研究開発有限公司 事業内容

当社は、中国で生産される原材料、特に農産物と商品を対象に四つの機能を果たします。

●安全性検査センター
最新の検査技術の導入による科学的根拠に基づいた安全性の検証を行う。
【検査項目】
理化学部門:残留農薬、動物用医薬品、食品添加物、重金属類
生化学部門:有害・一般微生物

●トレーサビリティセンター
食品トレーサビリティシステムの運用・管理による関連情報、データの一元管理を行い、消費者に安心して頂ける情報を提供する。

●品質技術管理センター
農場から商品までの安全や品質の確保のための指導・管理を行い、オリジン、プロセスの明確な食材を提供する。

●研究開発・技術交流センター
中国政府関連研究機関、大学、研究所との共同研究・開発や技術交流による技術レベルの向上に努め、食品の安全・安心への取り組み全体のレベルアップに貢献する。

【大塚(上海)食品安全研究開発有限公司 検証業務】
原料から製品までの品質保証体制