企業理念・ごあいさつ

企業理念 食は心にはじまり「美味・安全・安心・健康」を創る

大塚食品は、大塚グループの普遍的な企業理念「otsuka-people creating new products for better health world wide」のもと、「会社は人にはじまり、食は心にはじまる」をモットーに、「美味・安全・安心・健康」を社員全員の“食”の心として、「食品」「飲料」の両輪で事業を行っています。

私たちは、おいしく、安全で、健康にも配慮した食品こそ明るく楽しい食事を生み、幸せな生活を彩ることが出来ると信じて、斬新なアイデアと確かな品質で新しい食を提案してまいりました。

そして、1968年2月12日に世界初の市販用レトルト食品として誕生した「ボンカレー」は、おかげさまで、今年50周年を迎えることが出来ました。
これも皆さまの長年にわたるご愛顧、ご支援の賜物と深く感謝申し上げます。

大塚食品は、大切な人を守ること、そして環境を守ることが未来の子供たちにつながると考えています。また、人口の高齢化による社会変化に必要とされる食品を世の中に拡げていくことを目指していきたいと思います。
これからも社員全員が商品の一つ一つに「美味・安全・安心・健康」を創るをテーマに、お客様が”食“を通して、新しい夢を創造でき、健康な生活を送れるような商品をお届する企業として発展させていきます。

代表取締役社長 牧瀬 篤正