大塚食品

検索

社員インタビュー

子ども、家族、そして仕事に、
同じ距離感、同じ熱量で取り組める。
部署:製品部 EC担当
入社時期:2012年(新卒)
好きな大塚食品の製品:ボンカレー、ジャワティ
趣味・特技:世界遺産を巡る旅行、テニス、バトミントン

入社の決め手とこれまでのキャリアを
教えてください

ボンカレーの開発ストーリーをホームページで知り、ゼロからイチを生み出す仕事の面白さを感じたのが最初のきっかけです。他社には見られない個性的な製品ラインアップも魅力にうつりました、もともと「人と違ったことをしたい」という思いが強かったこともあって、大塚食品への入社を決めました。

2年目の後半までは、東京支店の製品育成チームでジャワティをベーカリーに向けて営業していました。その後、産休・育休に入り、4年目に東京支店の企画課に配属。2回目の産休・育休を経て企画課に復帰し、東京支店の東京営業所で営業をしました。そして2020年の8月に製品部へ異動して、現在に至ります。

東京支店には先輩ママがいなかったので、大阪勤務の先輩や出産予定日が近い社員に相談できて心強かったですね。人事部の女性社員にもたくさんアドバイスをもらいましたし、産休・育休中もこまめに連絡をもらえたので不安はまったくなかったです。

現在の仕事内容は?

大手ECサイトの担当者として、当社の製品提案やECサイトで販売しやすい製品規格を検討しています。また、製品を掲載してもらうページの情報を随時更新し、お客様が買いたくなる内容にページをつくるのも私の仕事です。定期的にプロモーションや広告出稿もしているため、販促管理や出稿結果の検証などもしています。

一日の流れを教えてください

6:00 起床~朝食~子どもの世話
8:00 出発 保育園への朝の送りは主人が担当
9:00 出社
16:00 退社
17:00 帰宅
17:30 学童、保育園にお迎え
17:30~18:30 習いごとの送迎
19:00 夕食
20:00 お風呂~翌日の子どもの用意・宿題の確認
21:30 寝かしつけ
22:00 片付け~洗濯~掃除、一人時間
24:00 就寝

職場の雰囲気はどうですか?

すごく温かい雰囲気で働きやすいです。子育て中心の生活の中で、仕事は私にとって社会との大事な接点。社内外のいろいろな方とお話しする機会もありますし、職場で仕事することがある意味ストレス解消になっています(笑)。

会社や周囲のサポートについて
教えてください

現在は時短制度を利用して、子育てと仕事の両立ができています。今では、上司を含むみんなから特別扱いしてもらっていないのが何よりうれしいです。

第一子が生まれて職場に復帰したとき、周囲のメンバーにかなり気づかってもらい、正直にいって特別扱いされていました。もちろん皆さんの好意だと頭では理解していましたが、仕事においてはいままでどおり接してほしい気持ちが強かったです。ですので子どもを言い訳にせず、仕事もバリバリできると周囲に理解してもらうためには、自分も努力しないといけないと考えました。

私が心がけているのは、まわりの社員の状況を把握して、自分の状況を共有した上でできる・できないをはっきり言うことです。一人ではやりとげられない場合も、どのようにしたらうまく仕事がまわるかを考えて、周囲に相談して解決するように意識しています。

周囲のサポートといえば、夫との協力体制も大事ですね。カレンダーアプリに予定を細かく書いて、お互いのスケジュールを共有しています。近くに両親は住んでおらず、夫婦で協力しながら子育てをしているため、どちらかができるときに家事をするという暗黙のルールがあります。こうしたスタンスが合っていたのでしょうか、特にもめることもなくスムーズに家事ができていますよ。

今後の目標、チャレンジしたいことは?

担当企業の売上を3倍伸ばします! そして全国トップの営業になる! 育児も仕事も妥協せずに取り組み、全社的に女性社員のロールモデルになれたらうれしいです。

入社を考えている方へ

私のように入社して早い時期に産休・育休を2回取っても職場に復帰できていますし、時短制度を活用して仕事と家庭を両立しています。いろいろな働き方はあると思いますが、私のような環境でも子育てと仕事を楽しみながら長く続けられているので、安心して入社してほしいです。