大塚食品

沿革

1955〜1989年

  • 1955

    シービーシー食品工業株式会社設立

  • 1968

    世界初の
    市販用レトルト食品として
    「ボンカレー」発売

  • 1978

    「ボンカレーゴールド」
    発売

  • 1982

    「シンビーノ」発売




  • 1985

    「アルキメンデス」発売
    「ハローキティ
    ボンカレー」発売

  • 1988

    「ミケルジャム」発売
    「マイクロマジック」発売

  • 1964

    シービーシー食品工業株式会社に資本参加
    大塚食品工業株式会社としてスタート(資本金:7百万円)

  • 1976

    「親子どん」発売


  • 1980

    釧路工場竣工

  • 1981

    株式会社大塚栄養研究所を吸収・増資(資本金:10億円)

    「ボンカレー
    ファイブスター」発売

  • 1983

    琵琶湖研究所開設

    「シャーベ」発売

  • 1987

    滋賀工場竣工

  • 1989

    大塚食品株式会社に
    社名変更
    大塚ベバレジ株式会社設立


    食中飲料として
    「シンビーノ
    ジャワティストレート」
    発売