環境への取り組み

マテリアルバランス

マテリアルバランスとは、企業の事業活動におけるエネルギーおよび資源の投入量(インプット)と、その活動に伴って発生した製品および環境負荷物質(アウトプット)をあらわしたものです。大塚食品では、生産活動における環境負荷の把握を行い、これらの削減に取り組んでおります。



2011年度国内生産拠点5工場の実績 INPUT 生産活動 OUTPUT
  • *1 COD (化学的酸素要求量):水中の有機物を酸化し安定させるための酸素必要量。
  • *2 BOD (生物化学的酸素要求量):水中の有機物を分解するために微生物が必要とする酸素量。
  • *3 SS (浮遊物質):水中に浮遊している直径2mm以下の粒子状物質。
  • *4 NOx (窒素酸化物):高温燃焼によって発生する、窒素と酸素の化合物。
  • *5 SOx (硫黄酸化物):化石燃料の燃焼によって発生する、硫黄と酸素の化合物。